「京都の美術250年の夢」展を観覧してきました。

京都市京セラ美術館で開催中の「京都の美術250年の夢」展を観覧して参りました。京都市美術館が新装オープン記念展として現在の催しが行われています。江戸が終わるまでの長きの間天皇が住まわれていた地なのでコレクションの厚みを感じました。伝統の重みは長い年月を掛け蓄積されて行くのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。